唐津の窯「古賢窯」は九州の焼き物、食器を創ります

特定商取引法の表記お問い合わせサイトマップ
窯元の紹介
ギャラリー
ショッピング
トピックス
ロケーション
唐津焼とは
焼き物食器の展示場の案内
唐津の焼き物「古賢窯」


唐津焼とは
唐津焼作品写真
唐津焼作品写真

唐津の焼き物とは

唐津の焼き物は、蹴ロクロを使った成形や連房式登り窯による焼成など、今も伝統が受け継がれている。また、板で土を叩いて、より軽く、強くする古唐津特有の「叩き造り」も復活した。一方で、茶陶にこだわらず、花器・焼き物や食器、コーヒーカップなどの雑器を焼くも増えている。

現在の唐津焼は、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に連れ帰った陶工たちによって始められたと言われている。安土桃山時代に茶道が流行したことから発展し、「1楽2萩3唐津」と呼ばれるほどわび茶碗として定着している。

江戸時代以降、唐津の焼き物のことを「セトモノ」「カラツモノ」と呼ぶのが日本を二分するほど多くの人々に親しまれてきた。

唐津焼の詳細はこちら



古賢窯の作品紹介

古賢窯の作品紹介

朝鮮唐津作品写真

朝鮮唐津

黒く発色する鉄釉と白濁する藁灰釉の2種類を使用する。 鉄釉を下に掛け藁灰釉を上から流して景色を表現したものです。(上下逆の場合もある)

その他の作品はこちら

絵唐津作品写真

絵唐津

素地に鬼板で文様を描き長石釉や灰釉などの透明釉を施し焼成する。 文様は木・草・花・鳥・人物など単純で伸びやかなものが多くみられます。

その他の作品はこちら



オンラインショッピング様々な表情と景色を見せる唐津焼の食器をあなたの家にも1セットいかかがですか。
オンラインショッピング 〜様々な表情を見せる唐津焼〜

トピックス

 ここでは、これから古賢窯の関わる陶器市などのイベントに関する情報を掲載しております。
 
過去のトピックス

展示ギャラリーのご案内
作品写真
見晴らしの良い古賢窯の焼き物が数多く作品展示ギャラリーのご案内です。
古賢窯の焼き物を展示・販売しております。是非一度お越し下さいませ。
焼き物、食器の展示ギャラリーのご案内

宅急便 - クロネコ探検隊
宅急便ならここで決まり!
古賢窯の焼き物ももちろん
参加しています。
Copyright(C)2005 KOKENKAMA. All Rights Reserved.
〒805-0002 福岡県北九州市八幡東区枝光5丁目4-23